イナータススキンケアシリーズの使用法

まずは手を清潔にします。

1. クレンジングローションⅡ
ぬれたコットンにクレンジングローションⅡを取り、ポイントメイクから落とします。
次にスプーン1杯分ほどを手に取り、顔全体をなでるようにのばして汚れをからませた後、水又はぬるま湯で洗い流します。

〈 ワンポイントアドバイス 〉
・ 指先だけでゴシゴシこすらないようにしましょう。
・ ファンデーションを使用している方は、このお手入れを2回繰り返してください。

2. ピュリタス
手のひらに1?2cmほど取り、両手によくなじませてから水を適量つけて、よく泡立てます。
泡を顔全体にのせ、包みこむように汚れをからめます。この時に決して強くこすらないでください。
水又はぬるま湯で洗い流します。

3. ビューティパック
洗顔後に、軽く水気を拭き取ります。
ビューティパックをスプーン1杯分ほど手に取り、顔全体にのばして3~5分おきます。
目、口のまわり、唇にものばし、あまったら手や首にもつけます。水又はぬるま湯で軽く洗い流します。

4. Wザ セラム30thを適量(2~3プッシュ)手に取って、顔全体に馴染ませます。

5. レアセル
パック後の水気を拭き取ります。
レアセルを手のひらに2?3プッシュほど取り、指先で目のまわり、口のまわりから丁寧につけ、顔全体に軽くおさえるようにつけます。 季節や肌質に合わせて量を加減してください。

6. バーミィローションⅡ
手のひらに5~6滴ほど取ります。季節や肌質に合わせて量を加減してください。
指先で目のまわり、口のまわりから軽くおさえるようにつけます。
手の力を抜いて顔全体にパッティングでつけていきます。

7. オアシス
手のひらに3~4滴ほど取ります。季節や肌質に合わせて量を加減してください。
手の力を抜いて顔全体にパッティングします。
皮膚の表面がさっぱりするまで、もう一度 バーミィローションⅡをパッティングでつけます。

8. リフレッシングクリーム
手の甲に適量を取ります。季節や肌質に合わせて量を加減してください。
潤いを与えた素肌の水分を逃さないように顔全体にパッティングでつけていきます。
手の甲に残ったリフレッシングクリームを首にもつけます。

9. リナッセンス
手の甲に適量を取ります。季節や肌質に合わせて量を加減してください。
リフレッシングクリームの上に重ねてつけるように顔全体にパッティングします。(重ねることで2つのクリームの浸透が早まります。シワの目立つ部分には多めにつけます )
手の甲に残ったリナッセンスを首にもつけます。

10. ソル・クラウデーレ A+B
手の甲に適量を取ります。季節に合わせて量を加減してください。
顔全体に細かくパッティングでつけていきます。
3~4時間おきにつけなおしてください。通年でご使用いただけます。

11.リップケア
 鼻穴の下の山(2つ)をマークする。
口角から山の点に向かって持ち上げながら輪郭をしっかり描く。
上唇1下唇2の割合で下唇のセンターをマークする。
センターのマークに向かって口角から輪郭を描く。
輪郭の中を塗りつぶす。

【使用上の注意】
1 お肌・唇に異常が生じていないかよく注意して使用してください。化粧品がお肌・唇に合わないとき、即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま、化粧品類の使用を続けますと症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。
(1)使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合。(2)使用したお肌に、直接日光があたって上記のような異常があらわれた場合。
2 傷やはれもの、しっしん等異常のある部位にはお使いにならないでください。
3 目に入ったときは、直ちに洗い流してください。

【保管上の注意】
(1)使用後はしっかりフタをしめてください。
(2)乳幼児の手の届かないところに保管してください。
(3)極端に高温又は低温、多湿、直射日光をさけて保管してください。

2019/11/29